*キラキラのどろんこLife*

年の差三姉妹のお母ちゃん、睦です。 ちょっと若く見られるのは自慢ですが、しっかりアラフォーで体力の衰えが半端ないのは悩みの種。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 3年間続いた夫のギャンブルで家計も夫婦仲もガタガタ、現在5つのローンを背負って嵐の中を突き進めているのかどうか。 いろんなことをぶっちゃけながらも、自分らしく前進あるのみと心に誓っています。 迷走していることに気づいたら、お声掛けいただけると喜びますが、そっと見守ってくださる







スポンサーリンク



【夫の話】夫の健康診断、最新版!悔しさの残る結果になりました。

f:id:mutchyplus_xxx:20171113230039p:plain

 

「もうちょっと頑張りたかった!」

後の祭りですが、毎年どこかに悔いが残ってしまいます。翌年に向けての課題といえばそうですが、こんな課題はいりません。

 

こんにちは、睦です。

2016年12月に受けた、夫の健康診断の結果が届きました。痛風を発症して以来、定期的に通院・服薬・採血などで経過を見てきたこともあり、酷く心配することはありませんでしたが、気にはなっていました。

 

スポンサーリンク

 

 

健康診断の結果[2011-2016]

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170129002947j:plain

ピンク:基準値外、水色:経過観察、黄色:再検査、茶色:精密検査

 

過去との比較

ダイエットに励み、1番調子のよかった2011年から6年分の記録です。

身体測定の結果は今回が1番よく、腹囲も2年前に戻りました。パッと見た目の印象も「奥行きが減った」とわかるので、年始の帰省の際には私の両親からも「痩せたね」と声を掛けてもらえました。

 

昨年度は、脂質検査・肝機能検査で豪快に引っ掛かりました。

精密検査と出ているのに、行かずに放置した結果が、2016年7月の「痛風の発作」です。噂通りの激痛だったようで、まともに歩けず、足を引きずりながらやっとで帰ってきました。

f:id:mutchyplus_xxx:20170317151231p:plain

夏で汗もかきやすい時期に、仕事が忙しく水分摂取を怠ったことが、発作への引き金となりました。薬剤師さんによると、この季節の発作は多いようです。

予防策
  • 水分をしっかり取る、ただし清涼飲料水は避ける
  • ダイエットのためにも、積極的に野菜を取る
  • プリン体の多い食材を避ける

 

治療の効果は出ている

実は2016年9月時点で、高尿酸検査は6.0まで値が下がっています。かかりつけの医師からも「大丈夫です」と言ってもらっていました。

  • 7~10月まで:月に1度の受診、薬を処方してもらい経過観察
  • 11月から:1度服薬を中止して、1ヶ月後に採血

 

健康診断の際には、タイミング悪く薬を飲んでいなかったのです。

長女・次女の学習発表会、土曜日の休日出勤、年末年始・・・

受診しようと思えばできましたが、休みたい気持ちが強く本人にその意思はありませんでした。仕方がないので「健康診断の結果を持って受診しよう」と、受診を先延ばしにしている状態でした。

 

スポンサーリンク

 

 

結果を受けて

「まずは受診」なのですが。また夫の悪い癖が出ていて、なかなか重い腰が上がりません。先週はただただ寝ていたかった、今週は頭痛と除雪を言い訳に使った、という感じでしょうか。いい加減にしてください。

服薬の再開なくして、健康を維持できる体でないことはわかりました。脱水は夏より冬の方が怖いのです。次の発作が出たり、状態が悪くならないうちに、治療を再開してほしいと思っています。

f:id:mutchyplus_xxx:20170317162348p:plain

 やっと少しずつ野菜の価格が落ち着いてきました。あと1~2ヶ月もすれば、国産の野菜も多く出回ってきます。家族の健康のために、微力ながら力を尽くせたらと思っています。

まずは、中性脂肪下げるぞー!!

 

www.kiradoro-life.net

©2016 *キラキラのどろんこLife*