*キラキラのどろんこLife*

年の差三姉妹のお母ちゃん、睦です。 ちょっと若く見られるのは自慢ですが、しっかりアラフォーで体力の衰えが半端ないのは悩みの種。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 3年間続いた夫のギャンブルで家計も夫婦仲もガタガタ、現在5つのローンを背負って嵐の中を突き進めているのかどうか。 いろんなことをぶっちゃけながらも、自分らしく前進あるのみと心に誓っています。 迷走していることに気づいたら、お声掛けいただけると喜びますが、そっと見守ってくださる


スポンサーリンク




【夫の話】生活習慣病と闘うアラフォー夫の健康診断の結果、何もしなければ命を縮めると気づく必要がある。

f:id:mutchyplus_xxx:20171113230039p:plain

 

本当に命にかかわることだったのか、と。

我が身をもって知る頃には、あちらの世界に旅立っている可能性も否定できない生活習慣病です。

 

今年度の健康診断を済ませた夫のもとに、診断結果が届きました。

 

内臓脂肪の蓄積

高脂血症の危険因子

食生活や運動習慣の見直し

体重や腹囲のコントロール

  

こんにちは、睦です。

2016年7月に痛風を発症して以来、数ヶ月ほどの通院を経て現在は治療を放棄中の夫です。痛みがなくなると通院をやめてしまう方が多いそうですが、夫も典型的なパターンですね。

 

持病持ちのアラフォー。

こんなメッセージが添えられていても、自分は大丈夫だと思いますか?

 

夫の健康診断の結果[2013-2017]

 

過去5年分の健康診断の結果を比較

2013年から過去5年分の記録です。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20180119211736j:plain

水色:経過観察、黄色:再検査、茶色:精密検査

 

体重が減っているのに腹囲は増えていますね。

どうやら奥行きは成長期ですが、身長はピーク時より1cm縮んでいました。

 

この階級で1kg減った程度ではやせてもわかりませんし、咀嚼もおろそかにしてガツガツとよく食べています。

ところが、BMIで調べてみると肥満ではなく過体重。

 

 

カタイジュー、そのくらいなんだ。

 

 

 

だからといって油断していい体重ではありません。「過」ですから。

 

過去のタニタ式ダイエットの記録

1番結果がよかったのは、タニタ式ダイエットに積極的に取り組んだ頃のこと。

よく頑張ったので4ヶ月で7kgの減量に成功していますし、体重以外の項目は正常値です。

 

www.kiradoro-life.net

 

一昨年度は豪快に引っかかっていた肝機能検査ですが、昨年度に落ち着いてからはひとまず大丈夫そうです。

 

再検査になったのは脂質検査と高尿酸検査の2項目、計3つ

  • 総コレステロール:201mg/dl
  • 中性脂肪:201mg/dl
  • 尿酸値検査:7.7mg/dl

 

総コレステロールは5年前に検査項目に加わってから皆勤賞、中性脂肪も過去17回のうち12回。過去5年でみれば間違いなく精勤賞といっていいでしょう。

 

高尿酸検査は「通風の治療中」と嘘をついている 

通風について

 

痛風の発作が出たのは夏でした。噂通りの激痛だったようでまともに歩けず、足を引きずりながらやっとで帰ってきました。

夏で汗もかきやすい時期に水分摂取を怠ったことが、発作への引き金となったようです。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170317151231p:plain

治療中の結果から、夫の痛風は食生活で改善できるものではないとわかりました。

服薬しなければ正常値にはなりません。

 

治療を放棄して1年が過ぎました。

 

 

ちなみに一般的な痛風の予防策
  • 水分をしっかり取る、ただし清涼飲料水は避ける
  • ダイエットのためにも、積極的に野菜を取る
  • プリン体の多い食材を避ける

 

清涼飲料水を減らして、水をしっかりと飲むようになったことがよかったのでしょう。通風の発作自体は1度きりで済んでいます。

 

脂質検査は6ヶ月後に再検査

加齢による代謝の変化はあるでしょうが、6ヶ月あれば十分に改善の余地があることは過去のダイエット結果からわかっています。

食生活や運動習慣の見直し 、本人の心がけですね。

 

夫本人がどのように考えて行動に移していくか。

その意思が確認できたうえで、協力できることがあれば私も力は貸すつもりですよ!

 

DHC フォースコリー 30日分

DHC フォースコリー 30日分

 
【第2類医薬品】ナイシトールZ 315錠

【第2類医薬品】ナイシトールZ 315錠

 

 

体質と相談になりますが、サプリメントなどを取り入れてもいいですね。

 

健康はお金では買えません

糖代謝検査のHbA1c(JDS)も決して低くはありません。

義祖母が糖尿病だったこと、夫本人に低血糖症のような症状があることも考えると、楽観視はできない項目です。

 

夫は空腹がある一定のレベルを超えると、低血糖のような症状が出ることもあって、変則シフトは心配な一面もあります。病院へは行ってくれません。

 

【家計簿公開】5人家族のやりくり・2016年11月/SEの夫、専業主婦の妻、小学生女子2人、心臓病児の1歳。 - *キラキラのどろんこLife*

 

夫も今年早々に38歳(早生まれ)になります。

来年はいよいよ前厄という年齢になりますが、若い頃と同じような生活習慣というのはいかがなものでしょうか。

 

飲みっぱなしの空き缶

【子育て】小さな子供にとって「誤飲」は命に関わる大きな問題、窒息以外にも注意すべき点がある。

 

義父もいつの頃からか高血圧です。

夫もある程度の年齢に達した時に、今のまま高血圧になったとしたら・・・その先の悪い想像は容易にできますよね?

 

健康はお金では買えません。

 

「子供たちのために健康でいる必要がある」という考えを押し付けるつもりはありませんが、かけらも持っていないのなら無責任です。

無責任な言動は金銭面だけでじゅうぶん、もうおなかいっぱい。

 

我が身をもって知る前に、気づいてほしいですね。

©2016 *キラキラのどろんこLife*

スポンサーリンク