*キラキラのどろんこLife*

かわいい三姉妹と4つのローン、背負うものはたくさんあるけど前進あるのみ!







スポンサーリンク



【レシピ】無加水鍋で肉じゃがを作ってみたら、とんでもなくおいしかった。

無加水鍋が流行り始めたのは、いつだったでしょうか。

テレビなどで目にすることはありましたが、特に興味を持ったことはなく、購入も予定していませんでした。結構いいお値段しますよね(むっちー家比)

 

こんにちは、睦です。

年始の帰省時に、母から無加水鍋を貰いました。折角なので「肉じゃが」を作ってみましたよ。

 
f:id:mutchyplus_xxx:20170109224002j:image

 

無加水鍋は初めてなので、こちらのお鍋についていたレシピ本に沿って、作っていきました。我が家は24cmの浅型鍋ですが、レシピは深型鍋用だったので、半量にしました。

アイリスオーヤマのオリジナルレシピです。

内容を比べてみると、ホームページと冊子では多少違うようです。ひとまず詳しい作り方はこちらにあるので、私はざっくりと雰囲気だけご紹介しますね。

 

ちなみに、肉じゃがを作る予定はなかったので、材料が揃っていません。冷蔵庫にあるものだけで作ります。

私は子供の頃から、家庭では豚肉の肉じゃがしか食べたことはありません。土地柄でしょうか? レシピが牛肉であろうと豚肉で作ります。そして糸こんにゃく・・・「しらたき」という表現ではじゃないんですね。これも土地柄でしょうか?

いんげんは買ったことすらありません(笑)

 

いつも通り最低限の装備で挑みましたが、ご容赦ください。それではいってみよう!

 

**目次**

 

スポンサーリンク

 

 

肉じゃが

材料(2人分)

  • じゃがいも:2個
  • 人参:2/3本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 豚肉:75g

[調味料]

  • 醤油:大さじ1と1/2
  • 砂糖:大さじ1と1/2
  • お酒:大さじ1と1/2
  • 顆粒だし:小さじ1/2

 

材料を切って炒めます

じゃがいも、人参は乱切り、玉ネギはくし切りにしました。この2つは、前回の「玉子丼」レシピで残った材料です。

まずは人参と玉ねぎを強火で炒めていきます。玉ねぎが透き通ってきたら、豚肉を投入します。 我が家ではよく鶏肉(鶏もも肉・鶏手羽元)で作るのですが、そちらも大好きなので、今度チャレンジしてみたいです。

 

残りの材料と調味料を投入

次にじゃがいも、砂糖、お酒を投入します。

軽く鍋を振り混ぜてから蓋をして、蒸気口を閉じて弱火で10分加熱します。煮物の時には砂糖とお酒を先に入れますが、無加水鍋でも同じように作るんですね。

 

次に、醤油を回し入れます。

同じように軽く鍋を振り混ぜてから、蓋をして、蒸気口を閉じ、更に弱火で15分加熱します。これで本当に味がつくのか、焦げ付いたりしないのかちょっと不安でした。あまり頻繁に蓋を開けてしまうと、熱が逃げてしまうのでドキドキです。

 

次に、顆粒だしを振り入れます。

再度軽く鍋を振り混ぜました。じゃがいもはもうすっかりやわらかくて、粘りもあってホクホクです。煮汁がないので、煮崩れもなくていいですね。

汁気を飛ばしてから、蓋をして蒸気口を閉じ、更に弱火で3分ほど過熱します。

 

できあがり☆です

f:id:mutchyplus_xxx:20170109223724j:image

 

素材の味がしっかりと、旨味も凝縮されていました。そして少量の調味料でこれだけの味になるのは、節約にも繋がりますよね。圧力鍋ほど短時間ではできませんが、順を追って調味していくので、圧力鍋よりは絶対においしいです。

浅型だと思い少なめにしましたが、そこはちょっと失敗でしたね。倍量で作って2日間食べたかったです。

 

無加水鍋、いい仕事してくれます。個人的にはおすすめです。

©2016 *キラキラのどろんこLife*