*キラキラのどろんこLife*

年の差三姉妹のお母ちゃん、睦です。 ちょっと若く見られるのは自慢ですが、しっかりアラフォーで体力の衰えが半端ないのは悩みの種。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 3年間続いた夫のギャンブルで家計も夫婦仲もガタガタ、現在5つのローンを背負って嵐の中を突き進めているのかどうか。 いろんなことをぶっちゃけながらも、自分らしく前進あるのみと心に誓っています。 迷走していることに気づいたら、お声掛けいただけると喜びますが、そっと見守ってくださる







スポンサーリンク



【レシピ】冷凍トマトを使って、ミートソースのパスタを作ってみました。

むっちー家は麺類が大好きです。

特に夫と長女は、茹でっぱなしで味のないそのままの麺が大好きなので、それだけつまみ食いをしにきます。固めが好きらしいのですが、夫に任せるとアルデンテに到達する前に提供されます。

 

それは「芯が残っている」というのだよ。

 

こんにちは、睦です。

ある日のお昼ごはんに、夫の大好きな「ミートソースのパスタ」を時短で作ってみましたよ。パパッと楽チンが休日のお昼ごはんの鉄則です。

 

それではいってみよう!

 

むっちー家のミートソース

 

材料(2人分)

  • 豚挽肉:100g
  • 玉ねぎ(中):1個
  • 皮を剥いたトマト:120g 
  • ぶなしめじ:1/3袋
  • トマトケチャップ:大さじ1
  • 水:80cc
  • ハヤシライス/ビーフシチューのルー:1/3~1/2個
  • パスタ:1人分100g=200g

 

今回は割とシンプルなものにしました。

エリンギなど、きのこ類でボリュームアップすることもありますし、彩りに得意のミックスベジタブルを入れることもあります。

※三女対策でニンニクは入れていません。

 

材料を切って炒めます

材料、といっても切るのは玉えぎのみですね。

サクッとみじん切りで。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20161229170050j:plain

 

先に豚挽肉を炒めて少し脂を出します。

カロリーカットを狙うのなら、拭き取ってもいいのですが、パパっといきたいので油は引かずに。そこにぶなしめじと玉ねぎを投入して一緒に炒めていきます。

 

ぶなしめじが脂を吸ってくれるので、ギトギトにはなりませんしね。

 

トマトを投入して煮込む

f:id:mutchyplus_xxx:20161229170058j:image

 

秋にたくさんもらって冷凍保存してあるトマトです。

 

むっちー農園、実家の家庭菜園、農家をやっている親戚(母の従兄)と、トマトはあちこちから大量に流れてきます。

ありがとう!

 

大玉トマトが大好きです。

おつとめ品になっている「熟れ過ぎトマト」を見つけて、保存しておくこともありますよ。冷凍トマトは、水をかけると皮が剥けるようなので、そのまま冷凍できるのは簡単でいいですね。

 

もちろん、お手軽にホール缶でも作ります。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20161229170103j:plain

 

トマトからは、かなり水分が出てきます。

その水分量を見ながら、足していく量は調整します。今回は80ccの水を入れて、トマトケチャップとローリエも投入。

 

しばしコトコトします。

 

隠し味はハヤシライスのルー

ほんの少し味に深みを出すために、包丁で削ったハヤシライス/ビーフシチューのルーを足していきます。量はお好みです。

ハヤシライスのルーは大丈夫なのですが、ビーフシチューのルーを使用する場合は、入れ過ぎるとトマト感が消失してしまうので注意ですね。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20161229170112j:plain

 

塩コショウで味を整えます。

 

できあがり☆です

f:id:mutchyplus_xxx:20161229170119j:image

 

パスタを茹でるための、お湯を沸かすところから同時にスタートします。早茹でパスタでなければ茹で終わるまでには完成・・・の予定です。

 

ミートソースは簡単です。

たっぷり作って冷凍しておけば、リメイクもしやすいですよね。ごはんや茹でたじゃがいもにかけて、ピザ用チーズを乗せてレンチンして食べるのも大好きです。

©2016 *キラキラのどろんこLife*