*キラキラのどろんこLife*

年の差三姉妹のお母ちゃん、睦です。 ちょっと若く見られるのは自慢ですが、しっかりアラフォーで体力の衰えが半端ないのは悩みの種。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 3年間続いた夫のギャンブルで家計も夫婦仲もガタガタ、現在5つのローンを背負って嵐の中を突き進めているのかどうか。 いろんなことをぶっちゃけながらも、自分らしく前進あるのみと心に誓っています。 迷走していることに気づいたら、お声掛けいただけると喜びますが、そっと見守ってくださる







スポンサーリンク



【ご挨拶】自己紹介とプライバシーポリシー

f:id:mutchyplus_xxx:20170601153237j:plain

 

**目次**

 

自己紹介(2017.10.05 更新)

管理人のこと

こんにちは。当サイトの管理人、睦と申します。

1979年生まれで小5の長女・小3の次女・2歳2ヶ月(修正2歳2ヶ月)の三女、年の差三姉妹のお母ちゃんをしている専業主婦です。

 

夫は学生時代の同級生、6年3ヶ月の交際を経て2004年に結婚しました。勤続18年目、中小企業のSE/PGです。

 

簡単な生い立ち

羊蹄山麓で生まれ、転勤族の家庭で育ち、専門学校卒業後に札幌市民となり17年が経ちました。

 

私自身は2歳下の妹、6歳下の弟がいる長子です。

過保護で厳しい両親に育てられたがゆえに、自己肯定感が低く罪悪感の強い子供で、とにかく世間知らず。父の顔色を伺いながら過ごし続け、「父の意思に従うことが正しい」と思い込んでいました。

 

www.kiradoro-life.net

 

高校卒業後の進路を決めるにあたり、意思決定への恐怖や自立への不安から精神的なバランスを崩しました。親元から通える専門学校へと進学、夫との交際をきっかけに自立を決意できたことがターニングポイントです。

 

誰かの言いなりになって生きる苦しさ、いじめやパワハラで感じた無価値観。

子育てに大きく影響した時期もありましたが、子供達の存在によって救われ、ここ数年でやっとコントロールできるようになってきました。

  

www.kiradoro-life.net

 

それでも刷り込まれてきたものは根深く、心の葛藤は現在も続いています。

 

我が家の現状

夫の借金について

長女が9ヶ月の頃から育児ブログを10年続けてきましたが、改めてこちらで始めようと思ったのは、夫の借金がきっかけでした。

2013年の単身赴任でのストレスがきっかけとなり、ギャンブルや課金制ゲームに依存していたことが原因だと本人は言っています。本当のところはわかりません。

 

一過性のものだと思い、安易に考えていました。

当時はこんなに大事になるとは思わず、その返済のために家計から捻出したり、両親に貸してもらいました。義両親は初期の段階から無心されていたようで、現在も毎月援助してもらっています。

 

【把握している限りの借金額】

  • 家計から:41万円強
  • 私の両親から:70万円+α
  • 義両親から:250万円以上+毎月4万円(完済まで継続予定)

 

周囲が手を貸してしまったことで、段々と深みにはまってしまったのかもしれません。義両親は「離婚を思い留まってほしい」と、援助を申し出てくれました。それでも余りにも情けなくて、やりきれないようです。

私の両親からの信頼は失われたままですし、私も離婚の意思を手放してはいません。

 

三女の心疾患について

我が家の三女は、先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」です。

 

www.kiradoro-life.net

 

2017年10月現在、身体障害者手帳は心臓機能障害1級を所持しています。毎日の服薬と月1回の定期健診は欠かせません。産まれてからの三女は、同時手術や合併症手術を含む計4回(5つ)の手術を乗り越えてきました。

 

2017年8月、機能的修復術であるフォンタン(TCPC)手術を終えました。

 

www.kiradoro-life.net

www.kiradoro-life.net

www.kiradoro-life.net

 

誕生からの5ヶ月は毎日のように面会に通い、ノーウッド・グレン手術/胸管結紮術後2ヶ月間、フォンタン術後1ヶ月間は付き添い入院をしています。

今までずっと家にいた母親がいない、それは子供達にとって大きな負担でした。

 

特に最初の7ヶ月間、表面上は今まで通りの生活をしながらも「助かるかどうかわからない妹」の存在が、長女・次女にとって大きな悲しみともなりました。

かなり細やかに精神面のケアもしていましたから、私は毎日が手一杯でした。

 

www.kiradoro-life.net

www.kiradoro-life.net

 

夫の件に関しては、様子がおかしいことには薄々気づいていました。けれどそんなことに構っている余裕もありませんでした。

やっとで生活が落ち着いた頃、すべてが明るみになりました。

 

家計について

我が家は夫の一馬力ですが、到底回りません。

現在は児童手当、特別児童扶養手当、障害児福祉手当、義両親、私の両親からの援助があって、何とか生活できています。それでもギリギリの状態です。

 

ローンだけでも5つ、住宅ローン・太陽光発電ローン・エコキュートローン・自動車ローン・銀行のおまとめローン(ギャンブル分)を支払っています。

おまとめローンは、2016年12月に200万円の借入をしました。返済期間は6年です。

 

両実家は共に遠方です。私の弟は市内在住ですが、何かあった時すぐに頼れるわけではありません。

「誰かに、どこかに預けて働く」ということが、我が家にとっては容易ではありません。また三女にとっても、単なる感染症さえ重症化しやすい体である以上、まだまだ小さい今のうちにリスクを背負わせることはしたくありません。

 

www.kiradoro-life.net

 

なぜ3人も産んだのか。

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが仮に、一馬力で生活できる確証がなければ出産できないとしたら・・・多くの人達が子供を持つことなんてできない世の中です。

保育園に入れて、親に預けて、子供の手が離れたらと、いずれ働くことを前提に出産される方の方が多くはありませんか?

 

私もその1人です。

 

三女の疾患が初期にわかっていて、夫の借金にも気づいていたのなら、私はきっと『産む』という選択ができなかったと思います。

疾患が発覚したのは妊娠9ヶ月、出産予定日まで残り1ヶ月半のことでした。

 

www.kiradoro-life.net

 

これからの目標

この先、小学生の子供達は更に学費がかかる年齢になります。

少しでも楽になるよう、もっともっと笑顔でいられるよう、ここまでの紆余曲折をぶっ飛ばして、気持ちをニュートラルにして向き合ってみたいと思ったのです。

 

新たな生き方を模索しつつ、節約も一層頑張っていくつもりです。

 

そして三女の心疾患の情報についても、必要な方に届くようしっかりとまとめていきます。

必要としてくださる方は決して多くないと思いますが、情報自体が少ない疾患だからこそ必ず読みたい方がいるはずです。たった2年前に知りたくて知れなかったこと、当時の自分が欲しかった情報を、ここには少しでも多く残していきたいです。

 

病児と向き合う生活は孤独を感じることも少なくありませんが、決して1人ではないし、繋がっていけるのだと知ってほしいです。

そして私自身も、そういった繋がりに支えられていることを伝えていきたいです。

 

プライバシーポリシー

免責事項

当ブログに掲載されているすべての情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・安全性等を保証するものではありません。

こちらで紹介している内容により生じた損害に関して、一切の責任を負いかねます。また、掲載しているコンテンツは予告なしに変更・削除されることがあります。

注意事項

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
内容の引用・転載の際は必ず引用元の記載と、該当記事へのリンクをお願いします。
尚、写真の転載はお断り致します。

 

広告について

当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト等)

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他ブログ・サイトへのアクセスに関する情報 (氏名・住所・メールアドレス・電話番号は含まれません) を使用することがあります。
このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

アクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

「Googleアナリティクス」は、トラフィックデータの収集のために、Cookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで、収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

©2016 *キラキラのどろんこLife*