*キラキラのどろんこLife*

かわいい三姉妹と4つのローン、背負うものはたくさんあるけど前進あるのみ!







スポンサーリンク



【子育て】出産費用は時代によって変わっている!三姉妹の出産までの費用の比較と、還付金のあれこれ。

確定申告の時期になりましたね。

 

10年前に医療費控除の申請をしたことを、ふと思い出しました。

長女を出産した年なのですが、医療費の合計は43万8850円でした。出産育児一時金の30万円を差引しても、10万円超。

「いくら戻ってくるのかな?」と、夫と2人楽しみにしていましたが・・・結果は3450円。手間の割には戻ってこないものだと、肩透かしを食らった覚えがあります。

 

こんにちは、睦です。

今回は、我が家の三姉妹の出産費用を比較してみようと思います。

 

**目次**

 

スポンサーリンク

 

 

三姉妹の出産までの費用を比較してみよう

f:id:mutchyplus_xxx:20170315143622p:plain

  • 長女:2004年生まれ
  • 次女:2008年生まれ
  • 三女:2015年生まれ

3人共、札幌市内での出産でした。

 

出産育児一時金と妊婦健診の助成券の違い

長女と次女は2歳差です。

  • 出産育児一時金:30万円→35万円
  • 妊婦健診の助成券:1枚→5枚

 

些細な違いに見えますが、実際に払っているとその違いはわかります。随分と手厚くなったものだと感じました。

 

次女と三女は7歳差です。

  • 出産育児一時金:35万円→42万円
  • 妊婦健診の助成券:5枚→13枚

 

出産費用に関しては、直接支払制度が導入されていました。これはかなり便利ですよね!

実は我が家、次女の時には貸付制度を利用しています。

社会保険事務所で手続きをしましたが、待ち時間も長く、当時2歳前の長女もいたもので、妊娠後期の体では少々大変でした。この制度があれば必要のない手続きだったんです。

 

定期健診に通った回数の違い

f:id:mutchyplus_xxx:20170216170725j:plain

 

長女と次女の時は、有難いことにかなり順調で元気な妊婦でした。

補助的に張り止めは処方されていましたが、基本的には休んでいれば大丈夫。毎日2~3時間のお散歩が日課でした。

 

一方の三女、心疾患の影響だと思うのですが、とにかく不安定な経過をたどりました。

12週から強い張りを感じ、子宮頸管も短い時期がありました。出産前日までずっと張り止めを飲み続ける生活は、さすがに精神的にも辛かったです。
 

私達は、実家が遠方の夫婦です。

祖父母の生活介助・介護・仕事をしていたこともあって、両親はこちらにくることができず。夫が休暇を取るのにも限界がありますから、私は入院するわけにはいきませんでした。

主治医からは「薬はギリギリの量まで飲んでもいい」「心配なら毎日通ってもいい」と言ってもらい、精神的には相当支えてもらっていました。

 

順調だった場合の妊婦健診の回数

f:id:mutchyplus_xxx:20170316092655p:plain

三女の場合は、妊娠初期から出産直前まで、ずっと2週ごとに通院していました。当然ですが費用負担は多くなりましたし、薬代もそれなりにかかりました。

※長女と次女は院内処方だったので、薬代の記録は残していませんでした。

 

出産方法の違いと出産費用総額

長女と次女は、個人病院での経膣分娩でした。

三女は別の個人病院から、総合病院へと転院になりました。当初は経膣分娩の予定でしたが、緊急帝王切開になりました。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170315155319p:plain

  • 長女:36万円
  • 次女:35万円+2万円(時間外)
  • 三女:41万8201円

 

同じ病院で産まれた2人ですが、一時金や助成券の条件が変わったことで、分娩費が引き上げになっていたのです。長女の時は明瞭会計でした。

トラブルなく個人病院で経膣分娩をしていた場合は、30万円台で納まると知っていただけに、転院して管理入院になった当初はショックもありました。

「管理入院分の費用もあるのに、支払いできるだろうか」と。 

幸いと言っていいのかはわかりませんが、入院翌日の緊急帝王切開だったので、最速での退院となりました。

 

金銭面の負担はどのくらい減っている?

単純に合計金額を比較する意味はないので、まず出産育児一時金を引きます。

そして仮に「妊婦健診のみで済んだ場合」として、三女は12週以降の定期健診外の診療代と薬代を引きます。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170315162202p:plain

  • 長女:13万7230円
  • 次女:7万6950円
  • 三女:5万0302円→1万5182円

 

1ヶ月の早産だったので、その分がかかっていないとはいえ、妊婦健診だけで済んだと仮定すると、かなり安く抑えられることがわかります。

長女と次女の時には「1回5000円」を目安にしていましたから、1回の妊婦健診で支払いが1000円未満というのは、凄いなと思いました。

 

「産む」と「育てる」こと

長女が産まれた頃、児童手当は1ヶ月5000円でした。

数ヶ月後には1万円になり、こども手当の1万3000円を経て、現在の1万円に。そして期間も最初は小学校卒業までと、今よりも短かったです。

今は中学校卒業までに延びましたね。

 

「札幌市こども医療費受給者証」も4歳未満までだったのが、小学校就学前の3月末日までになりました。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170315162909p:plain

予防接種も、種類が増えたり、定期接種が増えたりもしていますよね。

ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンは、次女が産まれてほどなくして出てきたものです。

知らぬ間に三種混合が四種になり、ポリオが生ワクチンはなくなりました。水疱瘡も定期接種になり、ロタウイルスも予防接種があるとは・・・

 

「産む」も「育てる」も、少しずつ変わってきています。

特に「産む」に関しては、金銭面のハードルは大きく下がっています。けれど、外枠だけできても仕方がないんです。

実際に生活していると、手当や助成が手厚くなることは嬉しいです。ただそれは「産んでしまえば何とかなるよね」ではありません。やはり、産めば産むほどに大変になります。

 

私は全く詳しくないのですが、待機児童のこと、男性の育休取得のこともそう。

目につきやすい問題でさえ、なかなか先に進んで行かず、山積しているのが現状ならば、まだまだ肉付けが必要で・・・それはいつになるのかな?と。

 

孫が産まれるような頃、10年20年先の日本の「育てる」は、今とどのくらい変わっているでしょうか。

 

帝王切開は保険適用内です

f:id:mutchyplus_xxx:20170315164411p:plain

入院が長くなる予定だったので、「健康保険限度額適用認定証」の申請をしていました。

分娩費は直接支払制度を利用していますし、退院時に支払ったのは、三女の入院費(病衣など)2601円のみです。

 

領収書から見る自己負担額

  • 7月:8万1366円
  • 8月:8万1397円

 

入院は7月30日~8月6日。通常入院が月を跨ぐと、上限額を超えず損をすることがあると聞きます。私の場合は、7月31日出産だったことが幸いしたようです。

私達の手で直接支払っていないのに、還付金を受け取れることは不思議でした・・・有難いですよね。

 

支払われた還付金

  • 9月:5万6000円
  • 10月:5万6000円
  • 11月:1万1799円

 

所得から算出すると、1224円と1254円のはずでした。

なぜこんなにも支払われるのかと、領収書や明細書を引っ張り出してにらめっこ。そしてやっとわかったのが、組合独自の付加給付の存在でした。

 

夫の勤務先は、とある企業のグループ会社です。自社の健保組合なのですが、どうやら上限が2万5000円で、それを超えた金額を給付してくれる制度があったのです。

そして有難いことに、出産の付加給付も被保険者に10万円、被扶養者に1万円支給のようです。

そして更に医療保険の入院・手術給付金が、22万円支払われました。

f:id:mutchyplus_xxx:20170315164237p:plain

 

還付金の使い道

還付や給付で受け取った金額は、計34万3799円です。

日頃「お金がない」「貯金がない」と言っているのは、一体なぜ?と思われるかもしれません。

 

三女が退院して自宅に戻ってきたのは、生後221日目(生後7ヶ月の少し前)でした。それまでの間に、思っていた以上のお金がかかっています。

  • 総合病院での入院費・診断書:3万3806円
  • 入院中に必要なもの、付き添い中に必要なもの、退院に向けて必要なもの:7万9756円
  • MCTミルク:5万3572円
  • 面会交通費(概算):7万5000円
  • 付き添い中の食事代(概算):3万円
  • 長女・次女の学童保育への支払い:1万円

 

控えのあった上記のものだけで、28万円を超えています。

入院中の医療費自体はほぼかかりませんが、自宅で育児をしているのと同じように、必要なものもたくさんあるんです。

 

NICUにいる頃には、搾乳を届けるための母乳パックを相当買いました。

ICUへ入ってからはオムツ代がかかり始めました。

小児科病棟では、オムツはもちろん、ボディソープ、哺乳瓶を漬け置きする道具一式、洗剤、ブラシ、ガーゼ、ミトン、靴下なども必要でした。

循環器外科ではベッドメリーの貸し出しはなく、各自持ち込みでした。バスタオルなども必要でしたし、抱っこ紐も買いました。小児科では必要のなかった医療用テープなども、ここでは各自売店での購入でした。

 

退院が近づいて来れば、自宅で過ごせるように、肌着や服を買うところから始めました。調乳用のポット、ベビーカー、椅子、そして治療用ミルクの買い込みもしました。

お金がかかり過ぎるので、中古やお下がりもたくさんあります。

 

そして交通費です。

平日は私1人で交通機関を利用して向かいました。往復で940円を週に3~4日、4ヶ月以上です。

f:id:mutchyplus_xxx:20170315165322p:plain

土曜日には、長女と次女を児童館へ預けて夫と2人で、日曜日や祝日には家族4人で面会に行きました。

駐車場の料金も1ヶ月3500円ほどかかりましたし、ガソリン代も必要でした。

 

あの頃を振り返ってみて

ご家族が病気になるなど、同じような経験をされている方も少なくないと思います。

 

面会に通う日々の中、私が不在の間、満足に食事の準備が出来ない日も多くありました。帰りが遅くなり、買い食いをしたり、お惣菜を買ったり、外食をする日もありました。

頑張っている子供達をレジャーに連れていったり、ついつい甘くなってしまいゲームなどを購入することもありました。

こんなふうに過ごしていると、あっという間に使ってしまうのです。

 

忙しい時間の中では「何にいくら使っているか」が把握できなくなるものです。

ゆっくりと家計簿をつけるような、そんな気持ちにはなりませんでした。節約にも気が回りませんし、大好きだった節約ブログなども、一切読みたいとは思いませんでした。

 

妊娠中に「産まれてくる命と向き合う」ことも、流産を経験した私にはとても大変なことでした。

そしてそれ以上に、「死に際にいる命と向き合う」「我が子の闘病を見届ける」のは苦しいことでした。

だから、もったいないことをしたとは思いません。お金の心配をせずに、三女のことに向き合う時間を持つことができたので、本当によかったです。

(別件でお金の心配は相当あったのですが・・・)

 

三女に支給されている手当、助成もそうです。世の中経験してみないと、知らない制度がたくさんあります。そういうものに支えられていますね。

©2016 *キラキラのどろんこLife*