*キラキラのどろんこLife*

年の差三姉妹のお母ちゃん、睦です。 ちょっと若く見られるのは自慢ですが、しっかりアラフォーで体力の衰えが半端ないのは悩みの種。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 3年間続いた夫のギャンブルで家計も夫婦仲もガタガタ、現在5つのローンを背負って嵐の中を突き進めているのかどうか。 いろんなことをぶっちゃけながらも、自分らしく前進あるのみと心に誓っています。 迷走していることに気づいたら、お声掛けいただけると喜びますが、そっと見守ってくださる


スポンサーリンク




【子育て】子供の偏食対策/給食の牛乳が飲めなくて大変だった頃のこと。

f:id:mutchyplus_xxx:20171114092243p:plain

 

ごはんと牛乳の組み合わせって苦手でした。

米飯給食に牛乳は合わないという声を、最近では聞くようになりましたね。

 

こんにちは、睦です。

私はもともと牛乳が苦手なので、大人になってからそのまま飲むことはありません。カフェラテは大好きですし、ホワイトソースなどは自分で作ったものなら食べることができるので作ります。

それも大人になってからのことです。

 

だから牛乳を飲めない、飲みたくない子のつらさがわかります。

今回の偏食娘との日々は、長女が給食の牛乳が飲めなかった頃のお話です。

 

www.kiradoro-life.net

www.kiradoro-life.net

 

牛乳が飲めないと給食のハードルは上がる

 

アレルギーがあるならともかく、好き嫌いだけで牛乳は免除になりません。量を考えても、なかなかハードルの高い食材だと思います。

 

長女の牛乳嫌いは1歳までさかのぼる

完母で育ってきた長女は、普通の粉ミルクもフォローアップミルクも飲んだことがありませんでした。まだ当時は数回の授乳が残っていて、水分といえばそればかり。麦茶も飲んでくれず、夏の暑い時期には困ったものです。

 

何か飲めるものはないかと、1歳を過ぎたのを機に牛乳を飲ませてみたところ大失敗。この一口で大嫌いになり、そのまま飲まなくなってしまいました。

 

幼稚園の給食から始まる戦い

幼稚園に入ると週3回の給食がありました。

その毎食で提供されるわけではありませんでしたが、やはり牛乳はありました。入園児の個人調査票も、最初の個人懇談も、先生にお伝えすることといえば偏食。

 

[年中組]

  • 嫌いな食材は少しずつチャレンジさせてください。
  • 牛乳も一口から始めさせてください。

[年長組]

  • 引き続き、嫌いな食材にチャレンジしていきます。
  • 牛乳は3口まで飲めるようになりました。もう少し頑張ります。

 

そんなレベルの報告です、それでも長女なりに必死でした。

 

小1は穏やかな戦い

私たちの頃とは違い、今は保護者対応がシビアな時代だと聞きますね。

先生方も子供たちには強く言えないのだと言っていました。私自身は行き過ぎた指導でなければ気にしませんが、神経を使うことは容易に想像ができます。

 

小1の担任はベテランの女性でした。

事前に連絡帳で偏食のことはお伝えしていて、先生からも「苦手な食材も、一口は食べるようにと指導しています」と伺っていました。入学当時の長女は、牛乳を3分の1まで飲めるようになっていました。

 

1年かけて半分までは頑張れるようになったので、私としては上出来だと思っていたのです。

 

小2は「できるだけ全部」という戦い

2年生に進級し担任が変わりました。異動でいらした50歳くらいの男性で、T先生と言いました。

 

一見強面で、新学期が始まった当初は、怖がって登校渋りをした子がいたようですがそれも一時のことでした。緩急がとても上手で、怒ると怖いけれど、ユーモアがあって、けじめをつける時にはしっかりつけて、遊ぶ時には全力で遊ぶ。

 

子供たちをその気にさせるのが上手で、給食の配膳や掃除も先生が率先して行って。短時間で終わらせては、休み時間に子供たちと一緒に遊ぶ。

そんな先生でした。

 

ですが牛乳に関しては、私と考え方が違っていました。

先生は「好き嫌いが多いならせめて牛乳だけ」「できるだけ全部飲もう」という指導をされていました。やはり長女は少し辛そうでした。

 

無理をして飲むと気持ち悪くなったり、ごはんが食べられないこともありました。

先生の考えは理解できますが、食べられるものまで無理になってしまうのは本末転倒なのでは?と思ったのです。

 

私は長女に「できるだけ頑張るように」と伝えました。

 

先生にも「もう少し様子を見させてください」とお願いをしました。それとあわせて長女は、男の子達から「飲め飲め!」とはやされることも辛かったようでした。それは少し様子を見ようと、先生にはお伝えしていなかったのです。

 

長女に転機が訪れた

先生はお伝えしたその日のうちに、長女に直接「できるだけでいいよ」と言葉をかけてくださいました。そしてクラス全体にも「飲め飲めって言わないようにね」と指導があったと聞きました。

 

それがとにかく嬉しかった長女は、目をキラキラさせて報告してくれました。先生が受け止めてくれた分、自分も頑張りたい!と気持ちが切り替わったんです。

この日以降、積極的に給食に向き合うようになりました。

 

「減らしてもらったけど、全部食べた!」

「あとは牛乳だけだった!」

 

どのくらい食べられたのかを、毎日報告してくれました。そして完食できる日も出てきました。

 

大人だって先生だってみんな同じ

数ヶ月後の個人懇談、やっと先生にお礼が言える日でした。ちょうど長女からも「全部食べれたよ!」の報告がありました。

 

「先生の言葉をきっかけに、給食の苦手メニューにも積極的に取り組んでいて。とても頑張るようになったんです」と。それをお伝えした時に、先生の表情がパッと変わったのがわかりました。

 

栄養士の先生から直接聞いた話です。

長女のクラスは、1年生の時から校内で1、2位を争う残食量の多さだったようです。先生も当然それをご存知で、気にされていました。

 

先生自身に好き嫌いの経験がなかったようで、食べられない子の辛さがわからないのだともおっしゃっていました。食の大切さを伝えながら、頑張る子供たちの姿も目の当たりにして。中には長女のような子もいて。

 

「そういう子もいるんだなと、あらためて認識した部分もあったから、子供たちには伝えたんですが」と。そうおっしゃった先生の表情はとても嬉しそうで、見ている私も何だか嬉しかったです。

 

育児は育自、子育ては親育てと言います。

先生だって子供たちから教わることはたくさんありますよね。人と人との繋がりです。年齢や性別を飛び越えてしまうことも、いくらでもあるはずです。

 

小4になった長女

その後も給食の報告は続いていますが、気づいたら牛乳は全部飲めるようになっていました。相変わらずの偏食ながら、最近ではお代わりをする日もあるようです。

成長期の食べ盛りになってきましたね!

 

「クラスの男子が、牛乳とトマトを一緒に食べたらおいしいって言ったから、食べたら吐きそうになるほどまずくて殴ってやりたくなった」

なんてこともできるくらいに、頑張っているようです(笑)

 

小2の1年間、本当にいろいろなことがありました。

お友達とのトラブルも、登校渋りも、過去6年の集団生活で1番しんどかった年でした。T先生にはたくさん相談させていただき、母もまたお世話になることが多かったのです。

 

牛乳を飲めるようになったこと以上に、大切な経験をたくさんしました。

信頼できる先生と出会えたことは財産ですね。

©2016 *キラキラのどろんこLife*

スポンサーリンク