読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*キラキラのどろんこLife*

かわいい三姉妹と4つのローン、背負うものはたくさんあるけど前進あるのみ!







スポンサーリンク



【三女の心疾患】願いを込めて、新しい靴を購入した日。

北海道もそろそろ雪解けの季節です。

日当たりのいい場所は雪もなく、歩道も出てきました。そろそろ自転車通勤もできるのでは?と思い、庭に埋まっていた夫の自転車を掘り起こしてきました。


f:id:mutchyplus_xxx:20170320141001j:image

 

跡地(笑)

カバーもかけずに放置していたのに、フレームなどが曲がっていなかったのは幸いでした。夫はこんなことも面倒臭いようです。

ここはまだ50cmほどありますが、この週末は暖かいので一気に進んでいます。

 

こんにちは、睦です。

これからの季節に向けて、ちょっと早いのですが三女の靴を購入してきました。こちらでちょっとご紹介です。

 

*目次*

 

スポンサーリンク

 

 

IFME(イフミー)の靴を買いました

三女のために選んだのは、イフミーライトです。

コロッとした丸いフォルムがかわいらしく、何よりとても軽い!

三女は甲高なので、スリッポンのような形状だとつま先がなかなか入っていきません。こちらはガバッと開くので、はかせやすいです。

ストラップも大きくていいですね。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170319152344j:image

 

素足のようなはき心地に、心までかる~く。

やさしさいっぱいのシューズ、新登場。

 

足を守るクッション性やサポート性はそのままに、軽量化してはきやすく、動きやすく。柔らかな素材で、収納もコンパクト。小さな足を軽やかに、健やかに。

引用元:IFMEのサイトから

 

「早稲田大学スポーツ科学学術院×IFME」の産学共同開発。

足の状態や健やかな発達、子供やママの使いやすさを考えた、子供の成長に寄り添ってくれる靴ですね。

 

IFME(イフミー) | 2017年 春夏コレクション【子供靴と運動靴の通販】ブーツ・サンダル・スニーカー・上履き・上靴も充実

 

 

次女がお下がりでもらってはいたことがありました。とてもはかせやすく丈夫で、傷みもないまま長くはくことができたので、私もイフミーは好きです。

 

歩き始めて4ヶ月の三女

ヨチヨチ歩きからは進んで、室内ではふらつきも減ってきましたが、冬のブーツのような重い靴では足さばきがうまくいかないこともありました。

最近ようやく屋内(お店など)で、上手に歩けるようになってきたところです。

 

もうすぐ1歳8ヶ月、これからますます動きが活発になってきますね。

f:id:mutchyplus_xxx:20170320163823p:plain

長女と次女の時には「どうせすぐに大きくなるから」と、安い靴ばかりはかせていたのですが、三女にはしっかりとしたいいものを用意したかったのです。

 

「歩く」ことは生きること

先天性心疾患「左心低形成症候群」の三女は、数ヶ月後にフォンタン手術に挑む予定になっています。

 

最終的にはフォンタン循環(下半身のチアノーゼを解消する)を目指します。右心側を体循環に使用するため、本来右心側で行われる肺循環は「心臓を通さずに直接肺へと送る」よう、肺動脈に直接上大静脈と下大静脈を繋げます。

【三女の心疾患】左心低形成症候群、という心疾患について。 - *キラキラのどろんこLife*

 

「心臓を通さずに直接肺へと送る」とは、肺血管抵抗が低く、血液が肺に流れやすい状態であることなど、いくつかの条件が揃わないと行えない手術です。

術前検査である心臓カテーテル検査で、それを評価します。

 

フォンタン循環になると、歩くことはとても大切になってきます。

グレン手術を終えた今は、上半身の静脈血のみを直接肺へと送っていますが、今度は下半身です。正常な形の心臓であってもマッスルポンプは大切で、足の筋肉を使うことで、下半身の血液を心臓に戻す手助けをしてくれています。

f:id:mutchyplus_xxx:20170320172745p:plain

 

心臓を使っていても助けになるのですから、心臓を介さない状態では、それがどれほど重要になるのかがわかります。術後は医師からも「お散歩しておいで!」としつこいほどに促されるので、付き添いのお母さん達は大変そうでした。

三女にとっては、歩くことが生きることに直結します。

 

たくさんの願いを込めて

三女は、動くことが大好きです。

息を切らせているのに、大人しくしていることがほとんどないので、私達はちょっと心配してしまうほどです。

これから無事にフォンタン手術を受けることができて、チアノーゼが解消されたなら、もっともっと楽に動き回ることができるようになります。

そのために、その一助になる靴を選んであげたかったんです。

 

 

足は「第2の心臓」と言われていますね。まさに、です。

手術が受けられますように、手術が成功しますように、動き回ることができますように、元気に大きくなれますように・・・私達の願いが込められています。願掛けです。

そのためになら、このお値段は安いもんです。

 

大事になんてはかなくていいから、たくさんすり減らして遊ぶんだよ。

お母ちゃんと一緒にたくさん歩こう!

©2016 *キラキラのどろんこLife*