読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*キラキラのどろんこLife*

かわいい三姉妹と4つのローン、背負うものはたくさんあるけど前進あるのみ!







スポンサーリンク



【電気代・太陽光発電】北海道のオール電化/むっちー家の屋根には小さな太陽光発電が乗っています。

マイホームを新築した翌年、2010年7月に太陽光発電を設置して、早いもので7年目になります。

 

こんにちは、睦です。

契約や設置自体はすんなりといったものの、不勉強が災いして、後々いろいろと考えてしまいました。誰かのお役にたつかはわかりませんが、そんな我が家の経験をまとめておきたいと思います。

少し古いお話になりますが、ご興味のある方はどうぞ。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170314171832j:plain

 

**目次**

 

スポンサーリンク

 

 

太陽光発電の設置

設置のきっかけ

 

今度この近くで太陽光発電の設置工事をやりますので

 

近くとは言っていましたが、通りの向こう側の町内会でのことでした。騒音が届く距離でもありませんから、その挨拶と称してセールスに来たんでしょうね。太陽光発電のメーカーの方が回ってきたんです。

 

夫も私も、多少興味はあったつもりです。

 

折角新築したんだから、設置できたらいいよね・・・太陽光発電って電気代安くなるんでしょ?

 

・・・この程度ですが(笑)

新しく分譲された住宅地でしたから、外構・舗装工事・太陽光発電はよくあるセールスの1つでした。同じように回っていた別メーカーで、1度試算してもらったこともありました。

残念ながら思ったような結果ではなく、そのままポイッ。

 

担当者は熱意溢れる男性の方。

それまでは詳しい仕組みなど知らなかったので、話自体はとても勉強になりました。

 

今がチャンスかな?

 

安易に設置に踏み切った過去の私達は、本当にバカ丸出しです。

 

まずは試算をしなければ始まらない

「地球に優しい自然エネルギー」の1点だけで考えるほど、私達はエコに興味はありません。正直なところ、地球より「家計に優しい自然エネルギー」でなければ、導入は考えるつもりもありませんでした。

どのくらい削減できるのか、我が家の電気代を試算します。

 

我が家の土地

土地:52坪弱

  • 建築面積:16坪弱
  • 家庭菜園:4坪程度
  • その他:芝生、駐車・駐輪スペース、物干し、物置など

 

www.kiradoro-life.net

 

私は家庭菜園が大好きです。これがやりたくて、建物を建蔽率ギリギリいっぱいにはせずに、お庭を広めに取ってもらいました。そうなると必然的に屋根は小さくなりますから、小さなシステムしか乗らないんですよね。

 

総二階の無落雪住宅なので、屋根と一体型にはならず架台が必要でした。架台はその分費用が上がる代わりに、1番適切な傾斜30°で設置できるメリットがあります。

パネルの向きも、ほぼ真南に設置できます。

 

設置前後の比較(2010年当時のデータ)
  • 電力使用料:平均800kWh
  • 電気料金:1万2000円

 

設置前
 【買電】1万2000円×12ヶ月=14万4000円

 

設置後

 【買電】8800円×12ヶ月=10万5600円

 【売電】8400円×12ヶ月=10万800円

 

どちらも北海道電力(ほくでん)です。我が家は全量買取ではなく、余剰電力の買取@48円になります。

  • 買電分:今まで通りの支払い方法(我が家はカード払い)
  • 売電分:指定口座に入金

 

メリット・デメリット

単純計算での1年メリットは、13万9200円になります。

黙って使っていれば、電気代は30年で432万円かかる想定なのが、太陽光発電を設置すると417万6000円削減できる・・・という試算。推してくるのはもちろんこの部分です。

が、そんなうまい話があるわけないですよね? ちょっと考えたら、大切なことがここには入っていないとわかります。

 

積雪での発生電力量の減少

夏よりも、冬の方が電力使用量は多くなります。

それと反比例する形で、発生電力量は少なくなります。日照時間が短くなることと、北海道ですからやはり雪の影響が大きいです。

 

太陽光発電の設置費用

何より大切なのは設置費用です。

電気代自体は削減できるでしょう、試算通りにいけばメリットは十分に感じられるものです。ですが設置費用によっては、黙って電気代を払っていた方が得になる場合も考えられますよね。

この時に私達が見た試算は、甘いものだったと後々気づかされます。

 

設置した機器について

 メーカー:三菱

  • 太陽電池モジュール(185W) 12枚
  • パワーコンディショナ(接続箱一体型)
  • ケーブル
  • エコガイドTV
  • 架台 3段3列×9、1段3列×3

 MXタイプ 2.22kW

 

太陽光パネルの値段は、ピンキリとはいえ元々がお高いわけですが。我が家の場合は、架台だけで74万円を超えてきました。とはいえ、屋根と一体型になると固定資産税がかかる*1らしいのです。

 

  • 太陽光発電システム一式 247万4640円
  • 足場工事代金一式 13万円
  • 防水工事代金一式 25万円
  • 太陽光工事代金一式 59万9550円 合計 345万4190円

 

最終的には294万円(-51万4190円)

月々2万444円×15年ローン、団信なしで決まりました。補助金は国から15万5400円と、自治体からは11万1000円(抽選)でした。

 

太陽光発電設置のスケジュール

  • 1日日 足場組立
  • 2日日 屋根工事着工
  • 3日目 作業なし
  • 4日日 太陽光工事着工
  • 5日日 大工工事、電気工事着工
  • 6日日 竣工連携

 

天井点検口の位置

1階はお風呂場にありますが、配線などのために玄関ホールにもう1つ取付ました。お風呂場って、物凄く汚いわけではなくても、あまり他人に出入りされたくない場所だなと思いました。

そして、2階の点検口はまさかのクローゼットの中! お風呂場以上に他人には見せたくない場所ですよね。モノを引っ張り出して脚立を入れなければならず、相当慌てました。

 

すがもりの心配

架台設置したことで、屋根に穴が開き、雪解けの季節に「すがもり」するのでは?という心配もありました。後に、ハウスメーカーのMさんが確認してくれて、大丈夫なことはわかっています。

ただ、この確認作業の時にも2階の天井点検口を・・・家関係の業者さんが入る時は油断大敵ですね。
 

失敗談いろいろ

  • 値引はあったけれど、そもそもの設置費用が高すぎること。
  • 厳寒期(1~3月)は全く発電しない日も相当あり、12~3月はシミュレーション値には遠く及ばないこと。
  • 年1回の無料点検が、1年目にしか行われていないこと。
  • パワーコンディショナに、自立運転機能がないことを、担当者から直接は知らされていなかったこと。

 

1年分のシミュレーション値を見ると、全ての月で100kWhを超える試算になっています。実際には2桁に届かない月ばかり。北海道でも雪が少なく、日照時間の長い道東などでは、恐らく十分なメリットが出ることは想定できます。

  • 屋根面積が小さいこと。
  • 雪下ろしをするために、屋根に上がることができないこと。
  • 雪が多く風も強い地域であること。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170321173723p:plain少なくとも、上記のような悪条件が揃っている地域ではおすすめしません。我が家は設置したことを激しく後悔しています。

 

今更ゴネてもどうしようもありませんね。

ローンの支払いは残り8年半、何とかやっていくしかなさそうです。上手な付き合い方ってあるのかな?

*1:高級な屋根材扱い

©2016 *キラキラのどろんこLife*